Airモデル写真コンテスト2020

​エントリー作品 No.76 ~ No.90

画像をクリックすると拡大表示されます

​拡大された画像の下にある " Go to link " をクリックすると他の画像もご覧いただけます

76_7_P1070329.jpg

No.76 のぼ(55)

二式複戦 屠龍

造形村

1/32

機体内部のフレームから再現しているキットで、製作するのは大変でしたけど、組み立てが進むにつれ、まるで実機を作っている感覚が楽しめました。機首のでかい大砲がお気に入りです。

79_7_P1013402-2.jpg

No.79 ROM。MODELS(36)

TOPGUN~Maverick~

タミヤ社

1/48

日本で人気な航空機といえばやはりトムキャット、その引き金となったのはやはり映画「トップガン」その主人公マーベリックの機体を再現しました。

キットをニコイチにし、映画を見ながら、汚し塗装を再現してみました。
電飾し、飛行状態を再現しました。

 

82_7_D330D29D-F9C9-4554-98D9-1DFD96F9C51

No.82 あお兄(49)

F-4EJファントムⅡ 各務原飛行場

開設100周年記念塗装機2017

ファインモールド

1/72

ファインモールドF-4EJをデジタル迷彩でマスキング塗装し岐阜基地航空祭記念塗装機を作りました。マーキングやコーションはフジミ 製です。デジタル迷彩に大変苦労しました。修正を繰り返したので表面をコートの上研ぎ出ししました。

85_7_TS-F20-07.jpg

No.85 豆父(48)

F20-TIGER SHARK

ハセガワ

1/72

普段はガンプラばかりで25年ぶりの戦闘機制作の作品です。基本工作を丁寧に行い塗装もインスト通りにエアブラシで塗装です。パネルラインにシャドウを入れたのですが、あまり目立たなくなってしまいましたがキレイにまとまりました。

88_7_DSC04928-2.jpg

No.88 まきのん(27)

ハリアーGR.7A

エアフィックス

1/72

小柄ですが、武装が多く見ごたえのあるキットでした。
特徴的なデカールが多かったため綺麗に貼ることを意識してみました。

77_7_angle7.jpg

No.77 kon air(非公開)

F-4EJ改 スーパーファントム

“302SQ F-4 ファイナルイヤー 2019”

ハセガワ

1/48

記念塗装のイラストが自然に見えるように機首ラムエアインテーク周り、ジェットエアインテーク外装を塗装しキットのデカール再現部と辻褄を合わせました。

80_7_DSC00185-2.jpg

No.80 ししまるえっくす(52)

紫電改

ハセガワ

1/32

追加はカラーエッチング(メーター&シートベルト)と機銃本体のみ

後はキットを流用した配線・配管と各種装備品をスクラッチしました。

83_7_IMG_3256.jpg

No.83 Kuranny(40)

F-2A

ハセガワ社

1/48

対艦ミサイル満載、海面スレスレの低空飛行のシーンを思い描きながら制作しました。背中など、メリハリ強めのウェザリングを施してあります。

86_7_07-2.jpg

No.86 mu(47)

MiG 17F

AIR FIX

1/48

AIRFIX MiG17Fを全面アルミ箔貼りに初挑戦して制作しました。(兵装等は塗装)

機首や翼端等、曲率の高い部分の貼り込みには苦労しましたが、金属ならではの
質感が出せたかなと思います。

基本的にはキットの素性を活かしつつ、要所にリベット等を打ち、仕上げに金属磨きで表面を整えています。古いキットですが楽しませてもらいました。

89_7_IMG_9408-2.jpg

No.89 ぱーす(21)

 F/A-18D "VMFA(AW)-242"

アカデミー

1/72

モデルアートのデカールを使用して、岩国基地でおなじみのVMFA(AW)-242の2017年仕様にしています。

78_7_7_s-2.jpg

No.78 driveon(非公開)

Fokker E2 Eindecker

Airfix

1/72

全幅14cm弱の小さな作品です。たくさんの方に教えていただきながら初めてリギングに挑戦しました。クラシックプレーンは質感や汚れも独特で、悩みながらも最後まで楽しんで製作することができました。

81_7_IMG20201223090340-2.jpg

No.81 加古川太郎 ,公試(55)

RAAF Hawk

キネティック

1/32

キネティックの比較的最近のキットをオーストラリア空軍機に仕上げました。キットは全体にキレが無く、大袈裟で無く全てのパーツに手を入れる必要があり大変でした。また計器盤や前後の脚周りはいっそ作り直した方が早い、と3Dで作り、併せて機首のアビオニクスベイも3D半分、プラ材半分でスクラッチしました。塗装はキットの指定では無く艶有りの綺麗な機体とし、ウェザリングは雰囲気に沿って最小限に留めました。

84_7_HP用.jpg

No.84 masaya takeichi(62)

ゼロ戦52丙型

タミヤ

1/48

作り始めたのが遅かった為、仕上げや塗装が粗くなってしまいましたが、参加する事に意義あり、と思い出展いたします。このゼロ戦はかなり古いキットで精密感は今ひとつでしたので、計器盤を立体的に改修しました、他には尾翼を重点にリベット打ちを行い、精密感を上げるように作り込みしました。

87_7_IMG_E4932-2.jpg

No.87 バリバリクン(32)

ソビエト軍MIG-31迎撃戦闘機

ズベズダ

1/72

現状出来得る限りの塗装技術を用いた、自分の中で最も手間をかけた作品となりました。

90_7_PC240288-2-2.jpg

No.90 Tad(51)

スウェーデン空軍 サーブ SF37

ビゲン偵察機

タラングス

1/48

いつもはキャラクターモデルを作成していますが、このコンテストを知り久しぶりに実在する航空機を作ろうと思い立ちました。Webで見つけて迷彩塗装とシルエットが気に入ったViggen SF37を作る事に決めましたが、資料を見ている内にデティールが気になっていつもより時間をかけて丁寧に作りました。

 

 

"Airモデル写真コンテスト2020"

​エントリー作品公開中!

他の作品はこちらから!

© IPMS JAPAN 2020

本サイトに掲載の写真および掲載文の無断転載を禁止します。

  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram_AppIcon_Aug2017