Airモデル写真コンテスト2020

​よくあるご質問

Q:60cm x 60 cm のサイズはかなり大きいですが、1/72などの小さい作品でエントリー

  してもよいのですか?

A:1/72やさらに小さいスケールの作品でも参加可能です

 

Q:大きいスケールのためピトー管がはみ出しそうですが、大丈夫でしょうか?

A:サイズ制限を超える場合はNGです。

 

Q:高さ制限はありますか?

A:高さ制限はありません。

 

Q:郵送用エントリーフォームは手書きでもよいのですか?

A:手書きで構いません。読み間違えしないよう丁寧に記入してください。

 

Q:締め切りを少し過ぎても受け付けてくれますか?

A:締め切りを過ぎた場合はエントリーできません。締め切りは必ずお守りください。

 

Q:全くの初心者ですが、エントリーしてもよいですか?

A:是非エントリーしてください。初心者からベテランまでコンテスト参加を歓迎します。

 

Q:プロモデラーですがエントリーしてもよいのですか?

A:是非エントリーしてください。プロの方も参加を歓迎します。

 

Q:審査は誰がどのようにされるのでしょうか?

A:審査はIPMS JAPAN運営メンバー、雑誌編集部、有名プロモデラーなどが審査基準

  に沿って行います。

 

Q:フルスクラッチの作品でもエントリーは可能ですか?

A:市販キットのプラパーツを全く使用していない場合は参加不可です

 

Q:レジンキットや木製模型でエントリー出来ますか?

A:市販キットのプラパーツを全く使用していない場合は参加不可です

 

Q:市販されている塗装済み完成品や半完成品をリペイントしたりディテールアップ

  した作品でエントリーできますか?

A:条件が募集要項の「作品製作規定」と合っていれば参加可能です

 

Q:情景ベースとはどのような定義でしょうか

A:台座に地上/艦上待機時の地面を模した模様があったり、立体造形が表面にあるもの

  を意味します。 無地の色紙や無加工のミラーは情景ベースの定義から外れます。

 

Q:ジュニア部門はないのですか?

A:入賞対象に年齢区分はありません。

 

Q:写真審査の上で各画像容量上限の2MBに近づけた方が見栄えがいいでしょうか?

A:1MBでも十分な情報量が得られます。

  容量より「各指定アングルでのピント合わせ」「影消しを意識したライティング」を意識

  してください。

 

Q:スマホとデジカメで審査に差は出ますか?

A:上記Q&Aを留意していただければ差はありません。

Q:ツイッターやインスタグラム等のSNSからエントリーすることは可能ですか?

A:各種SNSからエントリーすることはできません。必ずホームページのエントリーフォーム

​  または郵送用フォームを使用してください。

Q:形状は実機と同じですが、塗装やマーキングが架空のものや痛機でのエントリーは

  可能ですか?

A:マーキングは問わずですのでエントリー可能です。

© IPMS JAPAN 2020

本サイトに掲載の写真および掲載文の無断転載を禁止します。

  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram_AppIcon_Aug2017