CRITERIA TO JUDGE

IPMS JAPANのコンテストは、

合わせ目や段差を消すなどの基本工作を重視し、丁寧に作られた作品を高く評価します。

​その上で、どこまでリアルに作り込まれているのか、塗装されているのかを加味し、主観に頼る事のない公平で透明性のある審査を実施します。

image0_edited.jpg

photo by Kouji Hamada

《 審査基準 》

基本工作

・バリ、ヒケ、押出ピン跡が処理されていること

・実機に存在しない継ぎ目が埋められていること

・パテや接着剤の跡が残っていないこと

・主翼、尾翼、フィンの角度が統一されていること

・エンジンナセルの取り付け角度が左右対称であること

・脚の角度が左右対称であること

・吊るし物の取り付け位置、角度が正確であること

・透明部品に傷、接着剤や塗料による汚れがないこと

・風防、キャノピーと胴体に隙間や段差がないこと

ディテール

・実機に即した再現や特徴を表す表現を高評価します

塗装と表面仕上げ

・仕上げの美しさを高評価します

IMG_1577_edited.jpg

photo by Hideaki Ogasawara